済衆館病院の特色

尾張のスーパーケアミックス病院として

済衆館病院の特色

尾張のスーパーケアミックス病院として
全ての患者さまに対応できる環境

住み慣れた地域で安心して暮らして頂くために、病期の時間軸に沿って、全ての患者さまに対応できる環境を整えています。
※下記の図は、診療科・部門・センターより一部抜粋。

済衆館は尾張のスーパーケアミックス病院として全ての患者さまに対応できる環境を整えています。

充実した診療体制

豊富な診療科・部門

地域のニーズにきめ細かく応えられるように、内科系の診療科・外科系の診療科・小児の診療科・眼科・泌尿器科・歯科口腔外科など充実した診療体制を整えています。

どの診療科を受診すれば分からない場合は総合診療科を受診していただき、複数の持病をお持ちの方も対応することができます。

また、二次救急病院として24時間365日 救急患者さまの受け入れを行っています。

済衆館病院の診療科・部門はこちらをご覧ください。

全館331床。様々な機能の病棟で地域医療をお支えしています。
※他にも『コロナ病床6床』『腎・透析センター42床』『済衆館介護医療院38床』がございます。

様々な機能の病棟

当院は一貫して地域の皆様の診療ニーズに応えることを社会的使命としています。

それぞれの患者さまの病態や状態に合った病棟で対応できるよう様々な機能の病棟を有しています。

それらの病棟群が切れ目なく繋がることにより、患者さまの自然な回復の流れを支える仕組みを構築しています。

済衆館病院全フロアマップ

当院の病棟機能をご紹介します。

【1】急性期病棟 急な病態で緊急入院となった場合、または手術などある程度以上の大きな治療をする場合に適応となります。
【2】回復期リハビリテーション病棟 急性期病棟での治療がある程度落ち着いた次の段階、あるいは急性期病棟に入院するほどの重い状態ではないが様々な理由で入院を必要とする病態に対応します。

主として脳卒中や膝から上の大腿骨や脊椎などの骨折に対して(適応疾患の規定あり)集中的なリハビリを行いつつ退院に向けた各種支援を行います。
【3】地域包括ケア病棟 【2】と同様に、急性期病棟での治療がある程度落ち着いた次の段階、あるいは急性期病棟に入院するほどの重い状態ではないが様々な理由で入院を必要とする病態に対応します。

【2】以外のあらゆる病態に対して、状態の安定化や、病態に合わせた必要なリハビリ、患者支援センターによる退院に向けた各種支援を行います。
【4】療養病棟 医療処置が長期にわたって欠かすことができない患者さまが対象です。

24時間点滴、透析医療、ある程度以上の褥瘡、酸素投与、頻繁な吸痰、インスリンによる血糖コントロール、がん末期で痛みのコントロールのために麻薬を使用している場合(コントロール良好な場合)などが対象となります。
【5】緩和ケア病棟 切除不能、再発がんによる疼痛をはじめとする諸症状を和らげることを目的とした病棟です。

専門スタッフによる手厚いケアを提供しています。
【6】COVID-19病棟 新型コロナウイルス感染の方で入院適応のある方に対しての入院医療を提供します。
※ECMOによる重症治療には対応していません。
介護医療院 厳密には『病棟』ではありません。

原則として一定以上の要介護認定を受けている方で、【4】の対象とはならない方をお世話しています。
胃瘻(PEG)や経鼻胃管(NG)、経皮的食道胃管(PTEG)などにも対応します。

地域医療連携について

地域全体で患者さまやご家族をお支えする地域医療連携において、『患者支援センター』や『在宅支援センター』を設置して、きめ細かく対応しています。

特に近隣2市1町(北名古屋市・清須市・豊山町)の拠点病院としての役割を担っています。

  1. 患者支援センター
  2. 在宅支援センター

済衆館病院の特色に関するお問合せ

済衆館病院TOP

済衆館病院の特色

病院代表電話0568210811 患者支援センター直通電話0568211732

担当者不在の場合がございます。予めご了承ください。