当院の体制

  • お知らせ
  • 新型コロナウイルス感染症は、2023年5月8日より『5類』になりましたが、引き続き感染対策を徹底して参ります。

はじめに

新型コロナウイルス感染症は、2023年5月8日より『5類』になりました。しかしながら引き続き当院では感染対策を徹底しております。

当院は新型コロナ症例を受け入れる医療機関ではありませんが、救急医療をはじめ地域医療を広く行っていることから、水際対策こそが最も重要と考えています。新型コロナを院内に『入れない』、他の患者さまと医療者に『うつさない』、そしてさらなる感染を『広げない』ために、職員一同、心血を注いで工夫をこらして対応しております。

もちろんどれだけ準備しても完全ということは決してないのがこのウイルスの恐ろしさです。しかし当院を信頼して受診していただいている皆さまの安全をしっかりと担保し、二度と前回のような病院全体のロックダウンに至らないよう、できる限りの感染防止対策を今後も行って参ります。

その取り組みの一部はメディア(新聞・テレビ)で取り上げていただきご存知の方も多いと思いますが、変異すると言われているウイルスに対して適時に、柔軟かつ断固とした対応をこれからも実施して参ります。そのためには受診される患者さまのご協力も不可欠です。

今後もご迷惑をおかけする事があろうかと存じますが、どうかご理解とご協力をお願い申し上げる次第です。

2023年5月8日
医療法人済衆館 済衆館病院
理事長 今村 康宏

プレハブ診察室(2023年12月撤去)

発熱者を対象としたプレハブ診察室・検体採取室・待合室を本館前駐車場に設置し、一般の患者さまと発熱患者さまとの動線を切り分けて診療を行いました。
※2023年12月にプレハブ診察室は撤去いたしました。

発熱外来はこちら

  1. プレハブ診察室

  2. 診察室の様子

  3. 検体採取室の設置

各フロアのゾーニング

救急外来をはじめとする各フロアで、状況に応じて動線の切り分けを行っています。

  1. 救急外来のゾーニング

  2. 本館3階のゾーニング

  3. 本館4階のゾーニング

陰圧テント・陰圧室の運用

陰圧テントは、救急外来に3基設置しており、新型コロナ感染の疑いがある患者さまからの飛沫感染を防止しています。

陰圧室は、本館3階に個室で2床・本館4階に個室2床と4人床があり、発熱等で新型コロナ感染の疑いがある患者さまが一般床に移るまでの期間待機して頂いています。

  1. 陰圧テントの設置

  2. 陰圧テントの増設

  3. 陰圧室

来院者の検温・手指消毒など

来院された方全員に、検温と手指消毒をお願いしています。体温が高い方などの入館をお断りしています。

また、全職員は毎日の検温・報告を徹底し、体調不良時には出勤停止としています。

  1. 来院者の検温

  2. 来院者の手指消毒

  3. 職員の毎日検温

オンライン診療によるお薬の継続処方

オンライン診療によるお薬の継続処方

現在通院中で、来院の必要性が低いと医師が認めた患者さまに対し『オンライン診療によるお薬の継続処方』を行っています。

※『電話による再診・処方』は、厚労省の通達により2023年7月31日にて終了となりました。

入院患者さまへの配慮

テレビ電話面会

新型コロナを入院患者さまに『うつさない』ために、職員一同、工夫をこらして対応しております。

入院患者さまへ面会制限や、テレビ電話面会についてはこちら