Home > 診療TOP > 褥瘡対策チーム
 
消化器内科  
循環器内科  
呼吸器内科  
脳神経内科  
糖尿病内分泌内科  
リウマチ膠原病内科  
腎臓内科  
一般内科  
小児科  
外科  
小児外科  
内分泌外科  
血管外科  
乳腺外科  
整形外科  
手の外科  
脳神経外科・脊髄外科  
総合診療科  
皮膚科  
褥瘡対策チーム  
泌尿器科  
眼科  
歯科口腔外科  
形成外科  
救急科  
放射線科  
リハビリテーション科  
腎・透析センター  
放射線技術科  
薬剤科  
臨床検査技術科  
栄養科  
看護部  
地域連携  
認知症疾患医療センター  
健診・ドックセンター  
緩和ケア  
セカンドオピニオン  
済衆館病院はDPC対象病院となりました。
済衆館病院は病院機能評価認定施設です。
 
褥瘡対策チーム

おもに入院患者様の褥瘡を管理する部門です。
近年褥瘡の処置に関してはその管理・処置の内容が標準化されつつあり、また創部はその病期に応じて臨機応変に管理・処置内容を変更していかなくてはなりません。
大きな褥瘡になると人手や処置にかかる労力も多大なものとなり、労働力の多くが褥瘡処置にそがれるなどの問題も生じることになります。
褥瘡の治癒の成否には、
  1. 薬剤滞留を促すための創部の固定やデブリードメントなどの創面環境調整
  2. 感染対策
  3. 創部の湿潤状態の適正化と閉鎖湿潤治療
  4. 除圧
  5. 栄養管理
  6. 原疾患の管理
の6つが関わっており、当対策室では主治医・薬剤師・看護師・栄養士・NST委員会と協調しながら日本褥瘡学会のガイドラインに沿って処置を進めてまいります。ときに当院形成外科の介入をいただき、外科的治療の対象となる揚合もございます。

施設入所中あるいは在宅にて褥瘡処置でお困りの方がいらっしゃいましたら、紹介状のあるなしに関わらず応じております。
FAX、電話でご相談もしくは直接外来を受診いただき、創部の状態に応じて処置内容の修正などのアドバイスをさせていただきます。

担当医師紹介 外来診療担当医表はこちら >>>



森 康一 医師

  【役職】
副院長
健診・ドックセンター長
褥瘡対策チーム(褥瘡対策委員長)
【資格】
日本糖尿病学会専門医・研修指導医
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医
医学博士
【専門分野】
糖尿病・膠原病
【医療に対する方針・理念】
信頼される医療

このページのTOPへ