Home > ごあいさつTOP > 病院指標
 
ごあいさつTOP  
済衆館病院の歩み  
当院の理念  
日本医療機能評価機構認定病院  
各学会専門医及び
認定医関連施設一覧
 
病院指標  
 
平成28年度 医療法人済衆館 済衆館病院 病院指標

(集計の項目)
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

(全体の集計条件)
平成28年4月1日〜平成29年3月31日までの退院患者であり、一般病棟に1回以上入院した患者さんが対象です。(入院した後24時間以内に死亡した患者さんは集計対象外)
医療保険を使用された患者さんのみ対象とします。
・自動車賠償責任保険・労災保険・自費等は含めません
・入院した後、24時間以内に死亡した患者さんは対象としません
・歯科治療のため入院された患者さんは対象としません


平成27年度 医療法人済衆館 済衆館病院 病院指標

(集計の項目)
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

(全体の集計条件)
平成27年4月1日〜平成28年3月31日までの退院患者であり、一般病棟に1回以上入院した患者さんが対象です。(入院した後24時間以内に死亡した患者さんは集計対象外)
医療保険を使用された患者さんのみ対象とします。
・自動車賠償責任保険・労災保険・自費等は含めません
・入院した後、24時間以内に死亡した患者さんは対象としません
・歯科治療のため入院された患者さんは対象としません


年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 21 35 47 79 162 134 358 638 550 176
  • 一般病棟を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しました。(90歳以上は1つの階級)
  • 年齢は、一般病棟に入院した時点の年齢を算出しました。
  • 患者数は、一連の入院を1カウントとして集計しました。
診断郡分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
※平成27年4月1日〜平成28年3月31日までの期間は、「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。そのため、H27年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。
初発の5大癌のUICC病気分類別ならびに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 5 1 14 14 9 14 1 7
大腸癌 6 10 19 6 6 41 1 7
乳癌 1 1 5 0 0 1 1 7
肺癌 1 0 1 0 3 9 1 7
肝癌 0 2 3 0 2 3 1 7
  • 5大癌について、初発患者はUICCのTNMから示される病期分類による退院患者数集計しました。また再発患者は(再発部位によらない)は期間内の延患者数を集計しました。
  • 患者数は、一連の入院を1カウントとして集計しました。
  • TNM分類が不正確等でstageが不明な場合、「不明」として別記しました。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 75 23.1 69.5
重症度 1 58 22.95 69.6
重症度 2 45 23.05 69.5
重症度 3 19 22.95 69.4
重症度 4 9 23.55 69.7
重症度 5 - - -
不明 - - -
  • 成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計しました。
  • 重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPスコア)により分類しました。
  • 患者数は、一連の入院を1カウントとして集計しました。
  • 重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類しました。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日
から
患者数 平均在院
日数
平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作
  及び関連症候群
3日以内 4 12.25 78.25 0.00%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における
  脳の血管(性)症候群
3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 66 42.348 76.439 0.11%
その他 5 89.6 77.2 0.01%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄
  脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - - - -
その他 1 9 51 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄
  脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病
  <ウイリス動脈輪閉塞症>
3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患 詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
  • 脳梗塞(DPC 010060)の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。
  • 患者数は、一連の入院を1カウントとして集計しました。
  • 最も医療資源を投入した傷病名の脳梗塞ICD10の上3桁で集計しました。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ
・粘膜切除術
(長径2cm未満)
125 1.8 1.8 0 62.3
K654 内視鏡的消化管止血術 19 2.3 29.5 0 77.3
K664 胃瘻造設術
(経皮的内視鏡下胃瘻
造設術、 腹腔鏡下胃瘻
造設術を含む)
17 21.6 57.4 0.05 79
・術前日数は、初回の様式1開始日から手術日まで(手術日当日は含まない)の日数です。
・術後日数は、手術日(手術日当日は含まない)から最終的な退院日までの日数です。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 35 1.1 2 0 65.1
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 3.9 6.6 0 55.4
K7211 内視鏡的結腸ポリープ
・粘膜切除術
(長径2cm未満)
24 2.2 1.8 0 70
鼠径ヘルニア手術(K6335)の平均在院日数は、3.06日でした。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0483 骨内異物(挿入物)除去術
(腓骨)(前腕)(下腿)
<挿入物>
30 1.2 1.9 0 63.5
K0484 骨内異物(挿入物)除去術
(鎖骨)(足)(膝蓋骨)
<挿入物>
13 1 1.7 0 55.8
K0482 骨内異物(挿入物)除去術
(上腕)(大腿)
<挿入物>
11 1 1.9 0.09 63.1
上位1位の部位の内訳としては、前腕が20症例・下腿が10症例でした。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔
洗浄術
10 26 31.7 0 77.8
K664 胃瘻造設術
(経皮的内視鏡下胃瘻
造設術、 腹腔鏡下胃瘻
造設術を含む)
- - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント
留置術
- - - - -
上位3位の同率には、中心静脈栄養用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)(K6182)がありました。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術
(眼内レンズを挿入する場合)
(その他)
85 1 4.3 0 72.33
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術
(網膜付着組織を含む)
- - - - -
K270 虹彩光凝固術 - - - - -
上位3位の同率には、増殖性硝子体網膜症手術(K281)がありました。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症
  および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 7 0.0032
異なる 2 0.0009
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 9 0.0041
異なる - -
  • 平成27年4月1日〜平成28年3月31日までの期間は、「DPC準備病院」であったため、Dファイルが存在しないため、ICDコードから集計を行いました。
  • 播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象症例数と発生率を示したものです。
更新履歴
2016/10/01
病院指標を公開しました。(H27年度)
このページのTOPへ